読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほたるや

蛍が売られてるお店のごとく、珍しくありたい

キングオブコント2015感想④

遅くなりましたが、ちょっと総括みたいなのを書きます

審査員に関しては色々な意見があると思いますが、個人的に準決勝敗退者が採点するシステムはあまりいいと思わなかったので、今回の形式の方がしっくりきました

審査員の採点も、ウケを重視しながらも個々の個性が表れて、そこまで不満はありません

ただ、初めの頃は審査員一人一人に長々コメントを聞いたりしていたため、進行のテンポが悪く感じました

収録時間を短くするか、コントの持ち時間を長くするか、何らかのコーナーを実施するなどして欲しかった

 

コントのクオリティは僕の中では例年通りです

毎年のように「去年の方がよかった」という方がいますが、「本当に去年のメンバーを覚えてるのか?」と言ってやりたくなります

出場芸人も若手からベテラン、初出場から連続出場、久々の出場等よりどりみどりで良かったです

ちょっとオンバト芸人(オンバトに数多く出場し、実際の審査より高くネットで評価されがちな芸人)寄りの人選であった感は否めませんが

 

コロチキの優勝は本当にびっくりしました

オールザッツで「ナダルリバース」の持ちネタを披露し一世を風靡したコンビで、本ネタに入るとイマイチなのが常でした

しかし、キャラクターの強いナダルに負けないくらい、変なキャラクターを西野くんが演じたことにより、大化けしました

1本目のネタの方が評価が高いと思いますが、僕は2本目の卓球のネタで、数年ぶりにテレビを見ていて腹がよじれるくらい笑いました

このネタが見られただけでも、今回の大会はいい大会だったと言えるかもしれません

 

僕は基本漫才の方が好きなので、コントについてはあまり詳しくありません

コントは非常に自由度が高いため、昔から奇想天外なネタを披露するコンビが多々いた記憶があります

FUJIWARA千原兄弟ジャリズムバッファロー吾郎バナナマンフォークダンスDE成子坂アンジャッシュ次長課長、そしてラーメンズ

この辺りのずば抜けたセンスの持ち主たちによって、コントは完成されてしまったように思えます

この点、未だ底が見えずに進化を続けている漫才とは違うと思います

 

それでも、やっぱり演じる人によって面白さにぐんと違いが出てきたり

ベタなネタや展開が読めるネタであってもしっかりと笑えたり

歌ネタを様々な手法を用いてコントとして披露したり…

毎回KOCを観ると色々な発見が見えてきます

 

「コントの手法は殆ど出尽くした」「コントは先人たちにより既に完成された」という意見を変えるつもりはありませんが、是非その意見を覆すようなネタを見たいものです

コロチキのネタは発想という点では先人たちに遠く及びませんが、爆発力という点では、個人的には先人たちをも凌ぐものがあったと思います

既に仕事量が10倍という記事も見掛けてので、是非ともブレークして欲しいですね