読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほたるや

蛍が売られてるお店のごとく、珍しくありたい

白鵬審判批判問題

白鵬も人間だし、不満を吐露することもあると思う

ただ今回の問題は、審判の査定に異論がないことにあるんだよな

白鵬の足の甲が返るのもかなり早く、稀勢の里に軍配が上がってもおかしくない(死に体とか言ってる人がいるが、技掛けてるし明らかに体死んでない)

むしろ白鵬が白星を拾った形といっても過言ではないと思う

 

相撲人気が復活しているのは喜ばしいことだし、将来性豊かな若手力士が次々と出ているのも面白いこと

そんな中でこのようにネガティブな形で話題になってしまったのは、残念で仕方がない

僕は日本人だから、細部まで詳しくは分からないけど、相撲界において人種差別は殆ど存在していないと思う

北の富士さんの「日本人に優勝して欲しい」という意見も、どちらかといえば日本人力士に対する叱咤激励の要素が強いし(実際に北の富士さんは「外国人力士に罪はない」とも言っている)

表彰式でのインタビューに対する万雷の拍手を見ても、とてもじゃないが人種差別が存在してるとは思わない

 

白鵬自体も述べていたが、大鵬さんの記録こそ抜かしたものの、精神面ではまだ及ばない部分が多いと思う

かっとなっての張り差し多用、後輩力士に対するダメ押し、これより三役への遅刻…など枚挙にいとまがない

朝青龍だったら、そういう部分も含め魅力なのかもしれないけど、どうしても僕を含めた好角家の多くは、白鵬に対して理想の横綱像を当てはめてしまうんだよな

 無論、白鵬自体意外と短気であることは重々承知しているが、将来的には精神面でも大鵬さんを超えて、最強最高の横綱として君臨して欲しい

何だかんだ言っても、好角家白鵬というお相撲さんを愛しているのだから