読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほたるや

蛍が売られてるお店のごとく、珍しくありたい

R-1ぐらんぷり2015感想その4

長くなったので東京会場2回目の続きから

 

○カートヤング「様々な武術」92

観客がある程度展開が読めて、実際その通りに話が進んでるんだけど面白い

雰囲気と愛嬌と、あとあの口尺八のおかげかな 個人的には投票を悩むくらいお気に入りのネタ

NON STYLE石田明「クリーム」87

売れっ子らしく独特な存在感こそあったが、ネタは意外と普通

後半はちょっと独自性が感じられたけど、全体的にはややウケだったんじゃないかな

 

続いて大阪会場2回目

 

小森園ひろし「告白」92

彼らしく、シンプルでストレートながらもしっかり笑えるいいネタ

このネタ見たのは2回目だったが、しっかり笑えた

こういう人が1人居てくれると、大会は助かると思う

◎粗品「高速フリップ」92

いつもの粗品なんだけど、フリップの使い方が独特で本当に面白い

昔のような粗さもなくなり、一切無駄のない内容だった(そこが逆に寂しくもあったが)

代走みつくに「何のこっちゃねー」90

 非常に良くできたスベリ芸 乗せられて思わず笑ってしまうタイプの

メモ帳には「プロ根性が凄い」とだけ書かれてて何か笑った

大阪会場はウケていたけど、東京では会場が凍ったという話を聞いたが、実際どうだったんだろ

ヒューマン中村「余字熟語」92

ちょっと複雑なネタに向かいがちだったヒューマンだけど、今回はシンプルで分かりやすく、なおかつ面白い素晴らしいネタだった

ウケだけなら決勝有力だけど、個人的には初期のくるくる回るネタのように、フリップ以外のネタが見たい気がしないでもない

△守谷日和「夜の海」89

あんまりウケてなかったけど、個人的には好きな世界観

幻想的な背景と彼のアホさ加減のミスマッチが非常に可笑しかった

◎GOOD BOY「髭剃りソング」93 投票

アイロンヘッド辻井のピンネタ オールザッツでも近いのをやってた気がする

ポップな音楽とキャッチーかつ共感できる歌詞のコントラストが良くて、非常に面白かった

後述のピン芸人とどちらに投票するかは凄く迷ったけど、決勝で見たい方は辻井だった

△桜 稲垣早希「アニメのセリフを関西弁にする」81

 ピン芸の教科書があれば、その基本編に掲載されてそうな感じのネタ

まあ早希ちゃんは可愛かったから、それでいいんだそれで

藤崎マーケットトキ「フィギュアスケート」87

フィギュアスケートの動きに沿ってあるあるネタを言っていくネタ

普通に面白かったけど、何か足りない気がするんだよなー

◎かみじょうたけし「高校野球番組のエンディング」93

野球好きの自分としてはたまらない感じのネタで、隣の人が引くくらい大笑いした

細かい部分の描写も凄いんだけど、小道具の使い方も上手いんだ

辻井と彼とどちらに投票するか迷ったが、決勝でやったら野球ネタは賛否両論分かれそうという思いから、辻井にした

ヤナギブソン「はたらくいんかん」88

決して悪いネタじゃないんだけど、トリとしては物足りない感じ

順番によってはもっとウケていた気もする

 

 

以上、48名のネタとその個人的感想でした

投票したのは とにかく明るい安村、田上よしえ、GOOD BOY

前二人はすぐに決まり、ラストの一枠は僕の採点で90点以上の芸人の中から選びました