ほたるや

蛍が売られてるお店のごとく、珍しくありたい

このブログに関して

当ブログではコメント欄を設けていますが、基本的に返事は無いか、あっても遅くなると思って頂ければ幸いです
管理人は非常にものぐさなもので、中々コメントを確認することができません
あまり義務になったりするのも嫌だし、そもそも飽きたらいつでも辞めようみたいな軽い気持ちで始めたブログなので、主旨を理解して頂けたら非常にありがたいです

また、基本物事に対する批判的・煽動的な記事、読者に不快に思いを抱かせるような記事は書かないつもりですが、自分の精神状態によって書いてしまう可能性もあるので、ご容赦ください

一、二ヶ月放置はザラのブログと理解した上で、読んで頂けたら幸いです

M-1グランプリ2017 決勝進出者発表

headlines.yahoo.co.jp

 

ジャルジャルかまいたち、カミナリ、マヂカルラブリー、ミキ、さや香とろサーモン、和牛、ゆにばーすの9組

準決勝は見れていないが、twitterなどによると、かまいたちさや香、ゆにばーすが爆発していたようだ

他のメンバーも、しっかりウケを取っていたようで、なかなか面白い審査ではないだろうか

 

何にせよ、初出場が6組!

ラストイヤーのミスター敗者復活とろサーモン

毎年決勝候補に挙げられながら涙をのみ続けたマヂカルラブリー

キングオブコントとの二冠を狙うかまいたち

銀シャリ枠(正統派ベテラン風関西ツッコミ優位漫才師)の人気者ミキ

にゃんこスターと違って正統派男女コンビ(猛獣使いタイプ)ゆにばーす

僕がお気に入り、声と熱量の良さが他とは違うさや香

 

面白そうじゃないですか!!

迎え撃つジャルジャルは準々決勝のネタはすごく彼ららしくてよかった

カミナリ、和牛は今年の予選では見ていない(Gyao動画もまだ)が、実力者であるのは間違いない

 

和牛が優勝候補筆頭になるのだろうが、正直今年の評判はあまり聞かない

誰が優勝してもおかしくない、M-1勝戦ではないだろうか

 

霜降り明星の落選は残念で仕方がない

去年の敗者復活での投票が最下位だったり、あまり敗者復活映えする芸風ではないのは気になる…

見取り図、からし蓮根辺りも、敗者復活は厳しそう

スーマラは今年も評判が良かったし大好きだけど、敗者から上がってきたら去年の和牛と同じ感じだからなぁ

でもまあ、敗者復活は予想スーマラ、希望(現実も加味)三四郎とでもしておこう、それか囲碁将棋

流石にランジャタイを推す勇気は僕にはありません 好きだけどさ! やべー空気になっちまうぜ!

 

 

P.S.

Gyaoのノンスタ司会の結果発表、久々にノンスタととろサの絡みが見れてよかったです

何処となく嬉しそうなノンスタ二人が、非常に印象的でした

 

P.S.その2

他ブログ様で予想した決勝予想(準決勝進出者発表時点)は

霜降り明星さや香、見取り図、和牛、マヂカルラブリー、カミナリ、ゆにばーす、ニューヨーク、とろサーモン

なんと9組中6組が正解! 自分でもびっくり

M-1 2017 3回戦(東京2日目)

サツキ91 ヤマメ86 SCANDAL92(チャラい系のネタの中では完成度が凄い) 完熟フレッシュ92(レイラちゃんキレキレ、アドリブ感満載) パーティーズ91(そんなにウケてないけど、斬新で好き)
キュウ91(ツッコミが優しくていい) ノブナガ87 シャイニングスターズ87 ドドん88 ツートンカラー90
南海キャンディーズ86(ナイツのネタかと思った) ナイチンゲールダンス85(笑い飯やん) いい塩梅91(ボケがそこまで流行り顔に思えない笑) シンクロニシティ88(晴天サンティのネタの方が) コロナクラウン89(ハーフ漫才はこういう感じに落ち着くな)
カカロニ92(あまり見たことのない構成のネタ 伸びそう) やわら86 のばしぼん93(僕は大好き 程よいマニアックさ) ニュークレープ86 チャーミング95(ちと反則ぽいけど面白い)
ゆったり感90(ブラマヨみたいなネタ構成のコンビだっけ? ただ熱量は感じた) ギリギリすれすれ91(世の中広いなぁ 教授の芸人としての喋りの拙さが逆に面白い) 高校ズ87 全力じじぃ88 ジャンゴ86
ダンシングヒーロー90 アントワネット91(祇園と似ているようで結構違う) プラッチック86 パンダユナイテッド87 風藤松原90(松原さん43歳なんだ…)
錦鯉92(ウケ量が違う 長谷川さん46歳なんだ…) レインボー84 まめのき92(いい構成だよなー なんで、所々ウケないんだろう) キンボシ89 べっこちゃん83
TEAM BANANA86(毒がいまいちピンと来ない) 馬鹿よ貴方は92(間違いなく面白いんだけれど…) おいでやすレトリィバァ84(最後のタイムオーバーは狙ったんだろうか?笑)


反則気味だが、チャーミングが一番面白かった
平均点は高いが、爆発的に面白かったコンビはあまりいなかった印象 イロモノも多かった

M-1 2017 3回戦(東京1日目)

Gyaoで見ています 間に合うかなー
個人的採点だけ記入(面白かったり、えっ?と思ったりしたら簡易感想も)

ギャラガー84 バッドナイス83 カナメストーン81 マリオネットブラザーズ92 井下好井93(テンポ良い)
リニア90 スカチャン87 がっつきたいか85 しゃもじ84 LLR82
えーちゃんりょーちゃん75 馬稼業92(永田君のセンスは衰えてない) 3時のヒロイン80 ハチクミ82 ランパンプス83
鬼越トマホーク89(凄いウケてたけど、好みのネタではない) コマンダンテ91(少し展開が読めた) タモンズ87 すゑひろがりず90 ピーマンズスタンダード91(相変わらずボケが独特で唯一無二)
四千頭身93(メタ要素が多いのは気になったが、若々しくていい漫才) バニラボックス84 おとぎばなし89 フカミドリ92(すごく好き) バビロン87
ウエストランド93(最早井口さんがボケ) GAG少年楽団90 尼神インター84 こりゃめでてーな83 プラス・マイナス85
ゴールデンエイジ84 マドンナ83 やのみそ夫82 オズワルド87 すっきりソング92(すげー熱量)
しんぼる78 ネルソンズ89 ニューヨーク92(後半の畳み掛けが凄い) 相席スタート91 Aマッソ90(めっちゃウケてるけど、漫才を見た感じがしない) 三四郎93(賞レースに照準を合わせた良いネタ)


この日は井下良井、四千頭身三四郎が特に良かった
ただ無茶苦茶好みのネタは無かったかな

ytv漫才新人賞選考会(2017) ROUND2

M-1準々決勝の感想もまだできていませんが、先にytv選考会の感想を簡潔に書きます

最後の点数は、僕の個人的評価です

 

①ダブルヒガシ「内臓が喋れたら」338

名前は聞いたことあったがネタは初見

非常にファンタジックかつ気持ちの悪いネタだが、経過を丁寧に描いていたのが好印象だった

ちょっと展開が普通過ぎたので、もうちょっとぶっ飛んでも良かった気はする 90点

 

ダブルアート「昔の話」329

ご存知、暴走漫才師

今回のネタは暴走することなく、普通のしゃべくり漫才

後半、一度も裏切りがなく展開されたのが残念だった 最近、裏切りがないのが裏切り、みたいなネタ、多くないか 86

 

③風穴あけるズ「暇つぶし」335

選考会が誇るにぎやかし枠

今回のネタもいつも通り暴走ネタだが、少し分かりやすくなっていた気がする

そのためか、観客の笑い声も普段より多かったし、僕も結構笑ってしまった

彼らの抜群の個性は普段のライブで披露して、選考会では落ち着いたネタをしていってほしいと思う 88

 

④熱いお茶「満員電車が嫌い」343

名前も聞いたことがなかった、まったくの初見 オネエキャラと蛍原さんみたいな人のコンビ

色物かと思いきや、ギャグをマルセイユとかよりずっとうまくネタに組み込んだり、滑り芸みたいなやりとりをしたり、あの手この手で笑いを取ろうとするのが伝わり、面白かった

今はまだガチャガチャしているが、ネタを整えられるようになったら、賞レースの決勝に進出してもおかしくはないと思う 91

 

大自然陰陽師」338

ライブで受けないことが悩みらしい、大きな漫才コンビ

今回のネタは、大自然の中ではかなりこじんまりとした感じで、印象に残り辛かった

まあ巨人師匠の「よく分からない」という意見を聞いたうえで、分かりやすさを重視したのかもしれないが

やっぱり、探偵のようなキレキレのネタが見たいなあ 87

 

⑥さや香「怪談」365

個人的に最近お気に入りのコンビ 売れそうだが、売れたら女性ファンが増えてネットでお気に入りと言い辛くなりそう

とにもかくにも新山君の熱量が素晴らしい 細かいやり取りも完璧 面白い

チュート徳井さんに似ていると言われることもあるが、狂人タイプの(妄想モード)徳井さんに対して、物事を大げさに捉える常人タイプの新山君、という点で差異はある気もする

彼らの「声」は、非常に素晴らしいものがある ただ単に大きな声を出しているのではなく、観客に響く「声」を持っているのだ 95

 

⑦蛙亭「キャバクラ」359

独創的なネタが魅力の男女コンビ

このコンビは結構評価が高く、絶賛する声も多いのだが、僕はあまりハマらない

シュールだったり、独特の間だったり、かわいらしかったり、ハマりそうな要素は多々あるのだが、なぜかハマらない

多分ハマれない僕が悪いだけなので、これからも同じ路線で頑張って欲しい 86

 

 ⑧ミキ「感動する話」372

 勢いのある兄弟コンビ

ここ最近は、昂生さんのツッコミにメリハリが利いていたように思うが、またうるさすぎるツッコミに戻ってしまった気がする

面白いボケやツッコミは多かったけど、漫才全体から見たら、ちょっと点数が高過ぎる気がしないでもない 91

 

⑨ネイビーズアフロ「彼女にフラれる」382

賞レースの決勝でもチラホラ見かけるようになった、高学歴漫才師

ネタのタイプとしては和牛みたいな理屈的な男キャラと振り回される女キャラの漫才コント

ただ和牛のような嫌味さはなく、理屈が過ぎて最早ただのおバカな人という感じがしたので、不快感の漂うタイプのネタでは決してない

正統派なやり取りの中に、ちょくちょく賢さという彼らの個性を出しており、テンポの良さ、独創性、オリジナリティという面では非常に良かったと思う ただしこの飛びぬけた高得点にはびっくり 93

 

霜降り明星「こぶた・たぬき・きつね・ねこ」375

M-1の決勝有力という声も上がってきている若手漫才師

このネタは今年の上方漫才大賞の新人賞戦で披露したネタだったと思う

せいやの器用さばかりが目立つ、玄人好みのネタ

ただ、やはり新人たちの戦いなんだから、器用さより面白さが見たい 彼らの普段のネタだ 91

 

プリマ旦那「温泉旅行」361

THE 正統派

彼らはいつも同じのように見えて、実はいろんなタイプのネタをやっているしゃべくり、漫才コント、野村君の器用さを見せつけるネタ、ボケ詰込み型のネタ、などなど色々ある

ただ、最近はどのタイプのネタをやっても、「面白い」より「上手い」が先に来てしまう

思えばM-1 2010に若くして準決勝まで進出し、個性豊かな強豪と競い合ったコンビ

年々上手くはなっているのだが、面白くはなっていないと思うのは気のせいだろうか

文房具や葬式のような、挑戦的かつエネルギッシュなネタが見たい 落ち着かないで欲しい 90

 

⑫ニッポンの社長「ヒーローインタビュー」377

技巧派コンビ

いやあ、驚いた 最後まであの展開で進んでいくとは思わなかった

ダブルアートのところで前述した「裏切りのないのが裏切り」、というタイプの漫才だが、しっかりと芯のある裏切りがないネタだ

もっとも、途中でやりとりの方向性が若干変わっていったり、ボケとツッコミを逆転させたりして、観客を飽きさせない工夫を散りばめていたのが好印象

それだけに、オチですっちゃかめっちゃかになるのが惜しい 最後まであのテンションを続けて欲しかった まあ漫才らしく終わったともいえるけど 95

 

セルライトスパ「財布」344

シュールさが魅力のコンビ

今回のネタは大須賀さんのキャラクターが非常に良かった 狂ってるが打算的な部分があるキャラ造形で、人間味があった

ネタの中身は、大須賀さんのキャラの一挙手一投足に矛盾に溢れ、謎だらけのネタだが、セルスパらしくて良いと思う

僕はセルスパのネタが苦手だったが、最近ようやく楽しみ方が分かってきた気がする 92

 

⑭パンドラ「泣ける映画」327

チャラ男と冷静キャラという、ありがちなコンビだが、チャラ男がツッコミという点では中々珍しいコンビ

このコンビの特徴は、ツッコミの福田君のチャラ男キャラが全くネタに不要だということ

悪い意味ではなく、チャラいボケやチャラいツッコミをたくさん繰り広げているのに、それにまったく触れられないまま、ボケが本筋のネタを展開していくという斬新なスタイルを取っている

祇園ジュリエッタ、アントワネットらは、相方のキャラに多少触れてあげているのだが、このコンビは皆無

そういう意味では、かなり新しいコンビだと思う ネタもかなり面白かったし、この低評価は可哀想 91

 

⑮からし蓮根「転校生」363

独創的なボケと、年々技量を増しているツッコミの漫才コンビ

僕のお気に入りで、当然面白かったのだが、からし蓮根のネタの中では、それほど独創的とは言えず、聞いたことのあるようなやりとりがあったのが少し残念だった

最近は杉本君のツッコミの面白さが目立ってきているので、霜降り同様格差コンビとは言えなくなってきた 92

 

 

ネイビーズアフロ、ニッポンの社長が決勝進出決定

前回のマユリカ、ロングコートダディもそうだが、中々斬新なメンバーが決勝に駒を進めている

ROUND3も、常識的に言えば、さや香、ミキ、霜降り明星、からし蓮根の争いになるのだろうが、ここに割って入るコンビが出てくることを期待したい

そして、プリマの復活はあるのだろうか

M-1 2017 準々決勝

観に行きます&今着きました(17:45頃)
今年の決戦の舞台はグランド花月ではなく、メルパルク大阪というホテルにあるホール

けものフレンズ

今年大ブームとなったけものフレンズ
僕はそんなにアニメに詳しい方ではないが、僕が20代の間に見たアニメ
即ちここ10年の間で、間違いなく一番の名作と言える作品だろう


まずはデザインの秀逸さ
ケロロ軍曹で有名(僕的には七人のナナか(笑))な吉崎観音氏がキャラデザを担当しているが、秀逸なデザインばかりである
とりあえず猫耳と尻尾をつけた美少女、みたいなありきたりではなく、キャラクターごとに事細かなデザインが為されている
作中でも大人気のトキ、ハシビロコウのデザインの秀逸さには驚嘆した


続いて、主題歌のインパク
アメトークでも語られていたが、OP「ようこそジャパリパーク」のインパクトは凄まじい
近年では珍しく(?)歌詞を読んだだけでアニメの内容がよく分かり、可愛さと明るさが混ざり合ってより高い次元に昇華している作品だ
平井堅氏が「メロディがおいしいところだらけ」と絶賛したのも頷ける

一方EDの「ぼくのフレンド」は、一転してしっとりとした名曲タイプの作品である
曲調もさることながら、ストレートだが心に直に突き刺さる歌詞も見事
難しい言葉、表現を用いなくても、一行一行を大切に作ったら、こんなにも素晴らしい歌詞が出来上がるという好例であろう

OP、EDとも優れたアニメは近年ではあまり無いと思う
僕は多くのアニメを見ている訳ではないので、あくまでも推測ではあるが
曲時代の良さに加え、毎回毎回微妙に変化を加えている映像も、主題歌の秀逸さに拍車をかけている


最後に、一番大きな要員は、内容の素晴らしさ
これからは僕の主観的な意見が続くので、皆様と捉え方が違っている点も多々あると思われるが、ご容赦願いたい

けもフレというと、擬人化した動物キャラがいっぱい出てくるので、動物の魅力を描いた作品だと思われるだろう
勿論、そのような部分も大きい
各キャラクターは、実際の動物が行う習性や行動、寝方に至るまで忠実に再現している
決して萌え要素として猫耳、尻尾が付いたキャラクターではない
吉崎観音先生やたつき監督の動物愛が凄く伝わってくる

ただ、動物への愛情と同等、もしくはそれ以上にしっかり描こうとしているのが、人間の素晴らしさ
『人間賛歌』という言葉が正しいのか分からないが、人間が持つ知恵や感情、理性、コミュニケーション能力などがしっかり描かれている
主人公のかばんちゃんが、毎回ゲストキャラの悩みと向き合い、解決策を編み出していくのがこの作品の見所だ
ゲストキャラとの交流により親密度が高まり、最後には皆かばんちゃんのことが大好きになるのである
僕はこういう作品を見たことがない

今までの人間と動物を描いた作品と言えば、殆どが人間を絶対悪としているものだった
実際、現実世界でも人間は多くの動物を絶滅に追い込んでいる
食べるためだったり、危険除去のためのハントは仕方ないことだが、牙や皮目当てだったり、酷い場合はスポーツのノリで多くの動物が狩られ、数を減らしてしまった
50億羽いたリョコウバトの絶滅は、人間の愚かさを伝える事例として、あまりにも有名である

そのようなこともあってか、自然や動物を愛するキャラクターと、欲深い人間(メインキャラ自体はそうでなくても、過去の人間がそうであったというよつな)の対立構造をメインに据えている作品が多いように思えた
しかし、人間は過ちを犯す一方、同じ過ちを犯さぬよう努力できる人間でもある

リョコウバトを滅ぼしたアメリカ人は、国鳥であるハクトウワシの数が激減した際に保護政策を行った
熱心な保護政策の結果、絶滅危惧種リストから外れるほど個体数を回復させた
国産のトキやコウノトリを絶滅させた日本は、同一種である中国産の人工繁殖により、再び復活させて、現在再野生化計画を進行中である
人間は過ちを犯すが、過去の過ちに学ぶことの出来る生物である

けものフレンズの素晴らしさは、動物のフレンズの持つ身体能力や個性と、人間のフレンズの持つ知性や理性を共存させている部分である
どちらかを一方的に悪と描写するのではなく、それぞれの優れた点を掛け合わせ、より大きな成果を得る部分に重きを置いている
サーバルちゃんが1話で言った「フレンズによってできることは違う」という名言が、まさにこのことを大きく伝えてくれる

名言と言うと、この作品は本当に名言が多い
低IQと揶揄されることもあるが、人間より知恵の劣る動物のフレンズが発する言葉だからこそ、説教くさくないシンプルな台詞が多いのだ


f:id:hotaruya3:20171027084342j:plain


「美味しいものを食べてこその人生なのです」


正直なところ、アニメの台詞を聞いて泣いたのは、咲の池田の「華菜ちゃんはずーずーしーから、まだまだ諦めない!」以来である


けものフレンズは決して、大々的に宣伝されたアニメではない
サービスが終了したアプリが原作であり、まったく注目されていなかった
僕も「金朋が出るから録画しとくか」くらいな感じでたまたま録画していたくらいである

1話の時点では物凄く評判が悪かった
CGのチープさやキャラクターの演技の拙さが目立ち、あちこちで酷評された
「5分アニメを無理矢理延ばしてる」と揶揄されたくらいだ
僕は初めて1話を見たときから、最近のアニメには少ないゆったり感に感動したものだが、最終話を見てから改めてみると、数々の伏線や下地になる行動にさらに感動した

しかし2話のコツメカワウソちゃんの明るさとジャガーさんの優しさが垣間見れた辺りから徐々にハマる人が増え
3話のトキさんとアルパカさんのキャラの濃さに中毒になる人が続出
4話のスナネコちゃんの可愛らしさとツチノコちゃんの変な声と頭の良さ、そしてストーリーの面白さから一般的な視聴者からも注目されるようになった
あとは様々な媒体で、けもフレブームが喧伝され、今年のお化けアニメになった訳である
ここまで大化けしたアニメはあまり無いのではないだろうか


さて、けものフレンズの2期はほぼ決定した訳だが、たつき監督の降板が決まってしまった
正直、角川とヤオヨロズの間でどういうやりとりがあったか知らないし、どういう契約なのかも分からない
SMAPもそうだが、こういういざこざがあった際はほぼ毎回権力を持つ側が悪呼ばわりされてしまうが、何も知らない状態で一方を批判するのはどうかと思う
たつき監督の素晴らしさを理解しつつ、降板を惜しみつつも、2期を楽しみにしたいものだ