ほたるや

蛍が売られてるお店のごとく、珍しくありたい

このブログに関して

当ブログではコメント欄を設けていますが、基本的に返事は無いか、あっても遅くなると思って頂ければ幸いです
管理人は非常にものぐさなもので、中々コメントを確認することができません
あまり義務になったりするのも嫌だし、そもそも飽きたらいつでも辞めようみたいな軽い気持ちで始めたブログなので、主旨を理解して頂けたら非常にありがたいです

また、基本物事に対する批判的・煽動的な記事、読者に不快に思いを抱かせるような記事は書かないつもりですが、自分の精神状態によって書いてしまう可能性もあるので、ご容赦ください

一、二ヶ月放置はザラのブログと理解した上で、読んで頂けたら幸いです

敢えて何が嫌いかを語る

録画していた正月のネタ番組を視聴しているが、どうしても似たようなメンバーのローテーションなのが寂しいところ

そんな中でも、さすがに面白い漫才は多いのだが、どうしても苦手な漫才(もしくは苦手なやりとり)は気になってしまう

 

ツギハギ漂流作家の名言

 

何が嫌いかより何が好きかで自分を語れよ

 

座右の銘としている当ブログであるが、今回は敢えて苦手(嫌い)な部分を述べていきたい

 

 

シャンプーハットの例の漫才

 

関西を代表する中堅芸人シャンプーハット

オールザッツ漫才で披露したネタで漫才界に衝撃を与え、若くして優勝

それ以降関西を中心に幅広く活躍しているコンビである

 

僕も昔のシャンプーのネタは面白かったと思う

しかし最近のシャンプーハットの漫才はどうしても好きになれない

 

最近のシャンプーのネタはいわゆるシステム漫才で、流れが決まっている

初めにボケ合う→てつじ「僕は〇〇が凄い」→こいちゃん「俺はもっと凄い」→こいちゃんの語り→てつじ「どうされましたー?」「ここ〇〇なら大爆笑ですよ」「何で笑ってるんですか」「笑うなー」→てつじ「もう漫才は(最初のボケ)のくだりで終わりです 僕たちは〇〇から〇分間時間を与えられたものの、思いのほか早く終わったので、時間潰してるだけです」

 

ほぼこれで全てである

 

システム自体は斬新だと思うが、どうしてもてつじさんの物言いが鼻についてしまう

ウケ具合に関わらず物言いが決まってしまっているため、そんなにウケていなくても「何で笑ってるんですか」と言うので、「???」となってしまう

システム漫才の弊害であり、ここまで自由度がないと正直引く ライブ感が無さすぎる

 

シャンプーは10年くらいずっとこの形式なので、流石にもうやめて欲しい

初めて見た時から鼻についていたのに、ここまで長々続けるものなのか

正直、流れが笑っているのに毎回笑い声をあげる客にもイラつくくらいだ

 

あと個人的に最近のこいちゃんの下品なキャラも苦手である

若い頃本当にイケメンで、「イケメンなのに馬鹿なことをする」というギャップを体現しているのだろうが、流石にいい加減にしてほしい

もっとキレイ好きキャラを押して行った方がいいんじゃないか?

 

 

霜降り明星の「アンパンマン」ネタ

 

霜降りというと、今年のM-1優勝コンビである

ほとんどのネタが面白いのだが、アンパンマンのネタだけはどうしても楽しめない

楽しめないのに、やたら番組で披露しているので、別のあるだろと思ってしまう

 

僕はアンパンマンにハマっていた時期がある

幼稚園の頃とかではなく20代半ばの頃だ

だから、霜降せいやの「アンパンマンを明らかに知らない人の演技」にイラッとしてしまう

カバオがアンパンマンに会うところから話が始まることなんて殆どないし、カレーパンマンしょくぱんまん仮面ライダーみたいなポーズで登場しない

 

アンパンマンのネタに限らず、霜降りはどうしても元ネタに対する敬意に欠けるパロディが多い気がしてならない

霜降りに面白さは本物だとずっと思っているし、せいやの馬鹿キャラも嫌いではないが、そこら辺はもう少し気を使って欲しいと思う

そもそもパロディとかなくても面白い漫才がいっぱいできるコンビだから、やらなくてもいいんじゃないか

 

 

中田カウス・ボタンの、あのセリフ

 

上方漫才の大御所、カウスボタン師匠

漫才番組でも数多く登場し、老獪なネタで観客を沸かすコンビだ

カウス師匠がボタン師匠の家族関係などを弄り(ほとんどがネタ)、ボタン師匠が楽しそうにツッコむ

アラサーの僕から見ても、カウスボタン師匠は間違いなく面白いと思う

しかし、カウス師匠が多用するあのセリフだけは、どうしても好きになれない

 

 

「さあ、拍手をどうぞ」

 

 

ボタンさんを上手くdisれた後に述べるセリフで、毎回1、2回は発している

このセリフの直後は、(強制的に?)拍手が起こり、観客が沸く(ように見える)

 

老獪な技術といえばそれまでなのだが、僕は客が笑う場面や拍手する場面は人それぞれという考え方をしている

僕は笑っていない部分で他の客が笑う部分があってもいいし、その逆も然り

だから、仮に技術だとしても、「ここは一番面白いポイント」と演者側が決めつけ、拍手などを強要するのは、どうしても納得がいかない

 

 

ネタ番組を見ていて素直に思ったことである

シャンプーは面白いことを知っているし、霜降りは若い頃から評価していたコンビ、カウスボタンは言わずもがなだ

凄い芸人さんだからこそ、こういうネタ、こういう姿勢、こういうセリフは評価を下げるのでやめて欲しいと思った次第である

咲-Saki-好きなキャラ③ 3~1位

3位:Nelly Virsaladze(臨海女子)

 

f:id:hotaruya3:20190114020700j:plain

真ん中のロリっ子

f:id:hotaruya3:20190114020709j:plain

アニメ1期から登場

f:id:hotaruya3:20190114020805j:plain

アニメ全国編ver

サルカトヴェロ(ジョージア)出身の留学生 臨海女子高校の大将

りつべ先生の前作、FATALIZERで登場する予定だったキャラクターでもあり、フェイタライザーちゃんと呼ばれることも

ロリロリでかわいい、民族衣装が可愛い、くるくるまわるのがカワイイ、とにかくKawaii女の子である!

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hotaruya3:20190114021313j:plain

f:id:hotaruya3:20190114021604j:plain

f:id:hotaruya3:20190114021617j:plain

 

 

やべーひとでした

 

ネリーは咲の世界では数少ない、冷徹なキャラクターである

ころたんやあわあわも冷徹なところがあるが、幼稚な性格な部分もあり、見事に中和されて天真爛漫なキャラクター像になっている

しかしネリーは普段の会話から金銭のことが多く、麻雀を心から愛するキャラクターが多い中、ビジネス的な視点からシビアに麻雀を捉えている

自分が勝った後、年上も含めた対戦相手を1人1人嘲笑するなど、お世辞にも性格がいいキャラクターとはいえない

 

ただ、そういう咲キャラらしくないネリーが好きだったりするんですよね

稀少性があるからというだけではなく、リアリスティックな視点と運命奏者(FATALIZER)という異名のかっこよさ

ネリーの過去はまだ語られていないので、不幸なバックグラウンドがある可能性も高い

間違いなく「本当は優しい子」だと思うが、僕は悪いネリーも大好きなので、りつべ先生がどういう設定を作ってくるかを楽しみにしたい

 

 

f:id:hotaruya3:20190114023720j:plain

日和verでは勿論天使

 

 

 

2位:愛宕 洋榎(姫松

 

f:id:hotaruya3:20190114213215j:plain

タレ目ひろえちゃん

f:id:hotaruya3:20190114213223j:plain

饅頭顔ひろえちゃん

f:id:hotaruya3:20190114213234j:plain

カッコイイひろえちゃん

姫松高校のエースで、お笑い担当 強くてカワイイひろえちゃん

初期は作画にムラがあったが、最近はしっかりしたタレ目美人に落ち着いた

初登場時は「ああ、りつべも関西弁カマセキャラを登場させたのか」と思ったものだが、見事に予想を裏切ってくれた

初登場から8年半以上立つが、未だに底を見せないキャラクターである

 

f:id:hotaruya3:20190114214316j:plain

日和の姉妹漫才は必見


果たしてひろえちゃんがマイナス収支に終わる日が来るのだろうか…

 

 

1位:園城寺 怜(千里山女子)

f:id:hotaruya3:20190114215408j:plain

あぐりver

f:id:hotaruya3:20190114215438j:plain

りつべver

f:id:hotaruya3:20190114215500j:plain

牛ver

f:id:hotaruya3:20190114215526j:plain

めきめきver

f:id:hotaruya3:20190114215701j:plain

アニメver

千里山女子高校のエース、病弱毒舌膝枕(される)ガール、竜華の恋人、トキ

もう一度吟味してみたが、やはり1位はトキだった

トキに関しては、人気が高過ぎるので今更僕が語ることはあまりない

 

初登場した時のインパクトと、初戦での圧倒的なエースとしての力量、てるてる戦の絶望感と奮闘、5決での能力進化…

すべてが印象的で、いかにトキが咲という作品の制作者や読者から愛されているのがよく分かる

 

僕の中でもトキが1位という結論は阿知賀編での初登場時からずっと変わっていない

竜華や仲間を裏切ったりしない限り、1位から陥落することはないだろう(ありえない仮定ではあるが)

 

 

 

 

以上がベスト20です

てるてるは本当は入れたかったし、トップ10になってもおかしくないくらい好きなのだが、白糸台OBのルネセン、シオセンが魅力的過ぎて、残念ながら外れた

もーちゃん、ラッタちゃん、新免さん、多治比さん辺りも入れたかったが、枠が足りなかった

 

咲さんに関しては全然嫌いじゃないのだが、ちょっと範馬刃牙みたいな感じで、何を考えているのか分からないのがどうしても気になってしまう

りつべがネットの影響を受けたと思いたくないが、いきなり「敵を叩き潰す」とか言ったり、完勝しておいて「次は勝てません」と泣いたり、完敗したのに「楽しかった」とあまり気にしていなさそうだったりで、ちょっと分からない

「感情を失った」とネタにされているが、むしろ当意即妙に感情を表せられていない感じがする

それでもトップ40には入るくらいには好きですよ

 

どうしても僕は主人公よりライバルを好きになってしまう傾向があるので、清澄や阿知賀キャラは低めになってしまう

咲さんはもちろん、のどっちもシズもタコスも憧も京ちゃんもレジェンドも好きだよ、嘘じゃないよ

多分咲に嫌いなキャラクターはいないと思う(モブとか脇キャラを含めても)

咲-Saki-好きなキャラ② 10~4位

続いて10位から4位、CDTV的区分けです

 

10位:辻垣内 智葉(臨海女子)

 

f:id:hotaruya3:20190114003446j:plain

戦闘モード

f:id:hotaruya3:20190114003456j:plain

日常モード

東東京代表臨海女子高校のエース、辻垣内さん 通称ガイトさん、お嬢、師匠

とにかく見た目のギャップが凄い 今でこそ眼鏡姿でもキリッとしているが、初期はどこぞの関西弁いいんちょだった(名前も似てる)

僕はイケメンの女性キャラが大好きである ガイトさんは見た目だけでなく言動もイケメンで、男前

 

9位:臼沢 塞(宮守女子)

 

f:id:hotaruya3:20190114004540j:plain

塞さん、かんむりとかげver

宮守女子高校の副将、塞さん

個性豊かな宮守女子高校の中では地味と言われがちだが、キラキラした瞳、エロエロな腰つき、中二病、ツッコミキャラ、変な髪形、などなど何気に属性過多気味である

あらゆる属性を加えても、どこか残念感が拭えない塞さんは本当に可愛いんですよ

 

8位:末原 恭子(姫松

 

f:id:hotaruya3:20190114010945j:plain

実は身長147cm(かわいい)

姫松高校の大将兼参謀、末原先輩

咲全国編は末原さんの成長物語でもあり、裏の主人公といってもいいキャラクター

僕は末原さんが凡人だとはとうてい思えないが、周囲に劣等感を抱き、親友に憧れを持ち、後輩を信じ、怪物に恐れおののき、それでもまっすぐ自分の道を進む末原さんが本当にかっこいいと思う

 

7位:三尋木 咏(麻雀プロ)

 

f:id:hotaruya3:20190114011235j:plain

目じりの皺は修正済み

日本代表の先鋒を担う、三尋木咏プロ(24) 

前回でも書いた通り、僕は彼女がロリババアであって欲しかったと強く思っている

アニメの松岡さんの演技も本当に良かったー

 

6位:岩館 揺杏(有珠山

 

f:id:hotaruya3:20190114012717j:plain

かわいい

f:id:hotaruya3:20190114012730j:plain

かわいい

f:id:hotaruya3:20190114012744j:plain

かわいい

長身ツリ目で、この見た目で裁縫が得意な、有珠山高校中堅揺杏ちゃん

この見た目でまったく強くないというのもギャップなのかも フナQのせいで、登場する前から強くないことが確定していた、かわいそうなキャラクター

とにかく僕の好きな要素満載なんですね、見た目も口調も性格も 不良っぽい子が好きなんです

飄々としながらも表情豊かで、喜怒哀楽がはっきりしている(怒以外)、本当に大好き

 

5位:渡辺 琉音(白糸台OB)

 

f:id:hotaruya3:20190114014335j:plain

ルネセン(一番右)

f:id:hotaruya3:20190114014348j:plain

みるからにチョロそう

登場するやいなや、一気に読者を魅了した白糸台高校OB、渡辺先輩 通称ルネセン

咲という作品では稀少な三白眼キャラで、口調もまんまヤンキーな女の子

すぐに「実は初心」「捨てられた子犬を拾って育てている」「私服はフリフリ」などと妄想が捗りました

この見た目なのに上記のメンバーの中で一番弱かったり、不良ぽいのに背が低かったり(沖土居先輩が高過ぎるだけかも)するのも可愛らしい

 

f:id:hotaruya3:20190114014753j:plain

ツッコミキャラでもあるのだ

 

4位:姉帯 豊音(宮守女子)

 

f:id:hotaruya3:20190114015943j:plain

とよたんイェ~イ♪

宮守女子高校の大将で、197㎝女子の姉帯さん

姉帯さんの可愛さは最早語るまでもない googleのサジェストの一番目が「ちょーかわいい」というだけで可愛さがよく分かるだろう

ギャップ萌えの極致というべきキャラクター

f:id:hotaruya3:20190114015951j:plain

ちょーかわいい姉帯さん

 

咲-Saki-好きなキャラ① 20~11位

前回ベスト10を書きましたが、あれは突発的なランク付けだったので、もう一度吟味してみました

抜けてたキャラ、忘れていたキャラ、読んで好きになったキャラがいっぱいいたので、だいぶ変わっています

 

 

20位:清水谷 竜華(千里山女子)

f:id:hotaruya3:20190114002440j:plain

りゅーか

千里山女子のレズ大将、竜華

咲世界では珍しく、百合姫風に登場したものの、見事に咲世界に染まった

あぐり版、りつべ版、アニメで目つきが違っているような気がする

 

19位:蒲原 智美(鶴賀学園)

 

f:id:hotaruya3:20190113232631j:plain

ワハハ

鶴賀学園の部長、蒲原さん 通称ワハハ

マスコット的キャラクターとして、咲日和でも大活躍

元気なキャラはいいですねー

 

18位:池田 華菜(風越女子)

 

f:id:hotaruya3:20190113233317j:plain

池田×4

風越女子の大将、池田さん 通称池田

彼女の強さについては前回も述べたが、咲日和のお姉ちゃんぶりも本当に魅力的なんですよ

 

17位:龍門渕 透華(龍門渕)

 

f:id:hotaruya3:20190114005636j:plain

とーか(右の人)

龍門渕の副将、透華ちゃん 通称とーか

龍門渕高校だところたんやはじめちゃんに人気が集まりがちなんだけど、僕はとーかが一番好きだったりします

ファーストインプレッションによるところが大きく、なぜ好きかと聞かれると困るところ

 

16位:小走 やえ(晩成)

 

f:id:hotaruya3:20190113233537j:plain

僕にはうちしじに聞こえる

自称王者、小走先輩

小走先輩は、咲世界では貴重な正統派ツンデレキャラなんですよ(のどっちやとーかはそこまでツンデレではない)

僕の阿知賀編の不満の一つに、晩成高校との対決のキンクリがある

スピンオフだから仕方ないかもしれないが、ちゃんと小走先輩のうちしゅじを見せて欲しかった

 

15位:小鍛治 健夜(麻雀プロ)

 

f:id:hotaruya3:20190113234744j:plain

名ツッコミ

みんな大好き最強アラフォー前髪失敗女子、小鍛治プロ 通称すこやん

今さら語るまでもないだろうが、最強なのにいじられキャラというギャップが非常に魅力的

とりわけ咲日和のすこやんはちょーかわいいよー

 

14位:松実 玄(阿知賀女子学院)

 

f:id:hotaruya3:20190113234854j:plain

クロチャー(あぐり版)

奇跡のアホの子、松実玄ちゃん 通称クロチャー、異名はドラゴンロード

りつべ玄はちょっと正統派美少女すぎるきらいがあり、あぐり玄は見事なまでにポンコツ系美少女

散り散りになった友達が戻ってくるのを、一人待ち続ける重さ健気さも、彼女の魅力である

 

13位:獅子原 爽(有珠山

 

f:id:hotaruya3:20190113235736j:plain

イケメン

有珠山高校の大将、獅子原さん 通称爽くん、チョコレ

爽くんは謎が多い人物であり、Bブロック準決勝、5位決定戦を通して解明されることのないまま終わった

ただ僕はこういう軽妙だけど、不思議な子が大好きだったりする

特殊能力は最早能力バトル専用といった代物で、初めて見たとき笑ってしまった

 

12位:竹井 久(清澄)

 

f:id:hotaruya3:20190114001137j:plain

部長(右の人)、薄荷屋ver

主人公校、清澄高校の部長、上埜さん竹井久さん 通称部長

部長も爽くんや咲さん、てるてる同様、まだまだ謎が多い人物である

10年くらい前にネットで行われた人気投票では、だいたい部長が1位だった(2位がステルスモモ

咲の世界では珍しい、お色気シーンが控えめのキャラクターでもある

 

11位:宇野沢 栞(白糸台高校OB)

 

f:id:hotaruya3:20190114002041j:plain

手品先輩でも高垣楓さんでもない

登場するやいなや、一気に読者を魅了した白糸台高校OB、宇野沢先輩

間違いなくアニメで登場したら爆発的に人気が出るタイプのキャラクター

この見た目、この性格なのに、スカートが異常に短いというギャップ ズルい

咲解禁!

咲-Saki-

という作品を、土日を通して1巻から18巻まで読んだ

本当に懐かしいし、本当に咲と離れていたんだな、という思いが湧いた

 

土曜日(1/5)に無料クーポン(誕生日記念)を用いて漫画喫茶に行った

カラオケルームを選択し、USAやLemonなど最新の曲から、中村雅俊吉田拓郎など懐メロまで幅広く歌ったのだが(勿論ヒトカラ)、歌いながら漫画も読もうと思った

そこで何の漫画を読もうか悩みつつ詮索していると、咲を発見した

 

咲はヤンガン連載当初から、ずっと読み続けている作品であった

当時僕は某掲示板の某板で咲スレに入り浸りつつ、作品を楽しんでいた

僕は基本的に二次創作は嫌いなのだが、咲スレのぶっとんだネタは大好きだった

投牌戦士、ちんちんファイト、コモンセンス、くろさんぽ、エイキチさん…

あと、NARUTOの尾獣玉コラ あれは人生で5本の指に入るくらい笑った いろんな意味で

咲スレは毎日膨大な投稿があったが、仕事が終わってから過去ログを活用して欠かさず読んでいた

それくらい、僕は咲という作品が大好きだった

 

しかし…全国編のアニメ(2014年冬)が終わった直後くらいから、急に読むのを辞めた

決して飽きた訳でも、嫌いになった訳でも、つまらなくなった訳でもない

忙しいからか、別の趣味が出来たのか、バッタリ読まなくなった

咲スレにも行かなくなったので、最近の流行りとかは正直分からない

しかし単行本自体は買い続けた

咲日和シノハユも怜-Toki-もずっと欠かさず買い続けているし、アニメイトとらのあなメロンブックスゲーマーズを回り、大人買いをして特典も全部ゲットしている

買っているけど読めていない作品は山のようにあるが、咲もその作品の一つになってしまった

 

話は戻るが、漫画喫茶で咲の単行本を見つけ、咲を読むことにした

RADの有心論を歌いながら咲の1巻を読むと、すごく懐かしい思いになった

ああ、僕は本当に咲が好きだったんだ…と感慨深い思いになった

 

漫画喫茶は3時間コースだったので、7巻までしか読めなかった

そのため帰宅後と、翌日の日曜日(1/6)を利用して、最新の18巻まで読んだ

読み返すと、12巻までは読んだ記憶があったので、13~18巻までは初めて読んだことになる

何となくネットの情報で勝敗などは聞こえていたが、改めて読むと展開にびっくりすることが多かった

咲さんってクォーターだったのかよ!(1番目の驚き)

ころたんカエル飼ってるのかよ!(2番目の驚き)

 

読み返してみると、やっぱり咲は面白い

会話の節々が綺麗なワードや中二ワード全開で、それでいてオタクぽくない

パンツをはいてなかったり(?)、露出の多さのため誤解されてしまうが、立派な能力バトル麻雀漫画だ

約5年ぶりの咲解禁により、改めて咲の魅力と触れ合うことができた

咲さんのかわいさは、コモンセンスです

 

 

最後に僕の好きな咲キャラクターTOP10(シノハユ、怜キャラは除く)

 

10位:岩舘 揺杏(有珠山高校)

見た目、言動とも非常に自分好みで、活発なのに一人涙するのが良い

 

9位:池田 華菜(風越女子高校)

僕は彼女がネタキャラとしてしか見られていないのが悲しい

僕が涙を流す漫画やアニメは、人の死、感動の再開より、どんな状況でも諦めない精神(こころ)

池田はネタキャラなだけでなく、本当に強く魅力的なキャラである

 

8位:竹井 久(清澄高校)

まあ部長は絶対選ばないとね 咲の人気投票とかなら軒並み上位なんじゃなかろーか

 

7位:松実 玄(阿知賀高校)

クロチャーに関しては、池田と違いネタ的な観点からみてしまってます…ごめんなさい

美人なのに残念!やっぱりりつべ玄よりあぐり玄の方がいいよな

 

6位:三尋木 咏(プロ雀士

阿知賀編連載当初、三尋木プロには目じりに皺(?)みたいなのがあって、ちっちゃくてロリ顔なのにかなりの年齢と思っていた

正直熟女にはまったく興味がなかったし、今もないのだが、三尋木プロだけは30代後半くらいであって欲しかった でも可愛い

 

5位:龍門渕 透華(龍門渕高校)

とーかってどうしてこんなに可愛いのか 自分でも正直分からない

分からないけど連載当初から変わらずとーかが大好きである

 

4位:末原 恭子(姫松高校)

末原先輩は咲という作品で一番主人公ポジションが似合うキャラクターだと思う

いつも主将と呼んでいた洋榎ちゃんを呼び捨てにするシーンは本当に感動的

 

 

3位:姉帯 豊音(宮守女子高校)

姉帯さんは何というか、もう反則である

197センチの女性キャラクターで、姉帯さんより可愛いキャラは存在するのだろうか

とにかくずるい!あの性格は卑怯だ!好きにならない奴なんているわけない!

 

2位:愛宕 洋榎(姫松高校)

多分咲の人気投票やったら、毎回トップ5に入りそうな1人

すごい自信家で、結果も残す お調子者だけど、しっかりと締める

ここまで全く株を落とさないキャラクターも珍しい

「可愛い」というキャラ萌え的観点からではない、本当に魅力的なキャラクター

 

1位:園城寺 怜(千里山女子高校)

無難、ベタと言われそうだが、やはり1位は怜である

僕は阿知賀編を読み、怜と竜華の初登場シーンを見て驚愕した

百合姫の住人が咲世界に迷い込んだのかと、それほどまでに異質な存在感であった

しかし儚げな病弱美少女というだけでなく、明るかったり、毒舌だったり、デフォルメ化されたり、幻覚化(?)されたり、色々と愉快なキャラクターである

そして、今や語り草になっている阿知賀編終盤での奮闘

多くの視聴者から「主人公」と評される優遇ぶりで、爆発的な人気を博した

スピンオフ作品も出るなど、咲界において3本の指に入る人気キャラクターだろう

 

 

あ…塞さんとすこやん忘れてた…

咲さんやてるてる、ころたんも勿論大好きなんですよ かじゅもも俺でキャッキャッウフフ

小走先輩とか新免さんとか、戒能プロとかチョコレちゃんとか、魅力的なキャラが多過ぎる

「性格の悪いキャラがいない」というのは、咲という作品の一番の魅力だろう

サーティワン

31歳になりました

 

人生の1/2.5くらいを消化したことになったと思うけど、本当に自分は変わらない

漫画やアニメ、お笑い番組、野球、相撲、歴史(世界史)etcを愛する大人子供(子供大人?)

仕事の宴会では頑張ってビールを飲んでいるが、基本は酎ハイ(しかも月2回くらい)

普段は夏でも冬でもアイスコーヒー(コーヒー1:牛乳1が至高 砂糖はいらん)

パズドラで禁を破り平気で課金するようになり、ふぶき姫をゲットできたがコマさんはゲットできなかった

平成も終わるが、まだ独身である

彼女も相変わらずいない(11年目に突入)

仕事ではパートやアルバイトにこき使われまくりで、後輩から舐められまくり

尾崎以来の中二病も治らず、欅坂が大好きで、最近あいみょんにも興味を持っている

 

果たして自分は変わることができるのだろうか

それとも、変わらなくてもいいのだろうか

 

 

還暦になっても若者文化に感心を持ち、2061年までは生きたい

次の元号でも、自分なりにがんばっちゃうよ~