読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほたるや

蛍が売られてるお店のごとく、珍しくありたい

好きな関西と苦手な関西②

一方、僕が好きな関西も当然ある

同じく土曜の朝、読売テレビで放送される「あさパラ!」の雰囲気だ

あさパラは1996年から放送され、すでに1000回放送を迎えた長寿番組だ

 

あさパラの雰囲気はとにかくユルく、それでいて毒がある

普段堅いコメンテーターも、この番組では和気あいあいとボケたりして、非常に自由な雰囲気がしている

絶対視する存在を登場させず、関西で大人気な人物であったり、今ブームの人物であっても、徹底的にイジる方向に行く

といっても、決して否定的・批判的なイジりではなく、褒める部分は褒めたうえで、愛のあるイジリを行う感じだ

 

好きなテレビ番組の話題でも述べたが、やはり司会のハイヒールの安定感は凄い

弄ったりしても毒舌を吐いても、下ネタをいうことも多いのだが、どことなく品があり、楽しく見ることができるのだ

あさパラは読売テレビで放送されながら阪神を応援しているのだが、ハイヒールリンゴさんはもともと野球に興味がないこともあって、そこまで阪神の会話に口を挟まない

関西では、興味のない物事であってもズケズケ口を挟む人物が多いのだが、リンゴさんは興味のないことは興味のある人たちに喋らせるので、僕としては非常に安心してみることができる

 

あさパラの雰囲気は、ある意味関西っぽくないのかもしれない

深刻なテーマを取り上げても、ちゃんと笑いに変えていて、品のないテーマでも、どこかスマートで品がある

僕が好きな関西の雰囲気を出している番組は本当に少ない

せやねんだけでなく、ほとんどの番組が阪神礼賛報道、品のない雰囲気、失礼な物言い、ズケズケ入り込む姿勢、女性タレントの下品な叫び声(実はこれが一番苦手かもしれない)などを乱発している

よく「関西は誤解されている!本当はもっと大人しい」とおっしゃる方が関西人非関西人問わず存在する

しかし関西ローカルの主流は、非関西地域で報道されてる雰囲気に近いと言わざるを得ないと思う

 

あくまでもこの意見は僕の個人的な感想であり、正しい正しくないの意見ではない

「関西らしい関西が好き」と思われる方は、是非ともその意見を持ち続けて欲しい

一人一人趣味嗜好が異なる、多様性があるからこそ人生は面白いのだ

 

最後に、僕が好き・普通・苦手な関西ローカル番組をまとめたいと思う

好きな番組は、ほぼ毎回見ている(見ていた)番組である

普通は雰囲気は好きだが内容がイマイチだったり、その逆だったり、平均だったりで、見るときも見ないときもある

苦手は基本内容より雰囲気である 雰囲気が苦手だから、内容もイマイチと思うのだろう ただ、意外と見ることもある

ちなみに、すでに終了している番組もあるが、ごちゃまぜに掲載する

 

好き:あさパラ、ビーバップハイヒールナイトスクープ、過ぎるTV、やまとナゼしこ(後番組の事情通は普通)

普通:新喜劇、よーいどん、えみちゃんねる、ウラマヨ、大阪ほんわかテレビ、マルコポロリ、今ちゃんの実は、胸いっぱいサミット、松本家の休日

苦手:おはよう朝日です、せやねん、ちちんぷいぷい、ごきげんブラニュー、そこまでいって委員会

 

こんな感じです