読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほたるや

蛍が売られてるお店のごとく、珍しくありたい

漫才夏祭り2016

ザ・ぼんちの即興漫才は本当に面白かった

即興というだけあって、ヤケクソ感のあるボケと無理からな繋ぎ方

即興漫才にはお題があるのだが、そのお題は冒頭で軽く触れただけで、あとは殆どお題と無関係なダジャレとアドリブボケに時間を使うというネタ構成

それでいて面白いというのが、本当にぼんちらしい

 

しかしながら、今までのヤケクソな内容すべてがフリになっていたかのような、ビシッと決まるオチを持ってきたのは、本当に憎らしい

ぼんちのお二方は、いつまでもこのように明るく楽しく馬鹿馬鹿しく、所々鋭い漫才を披露し続けて欲しいものだ

 

ダイラケ、いとこいの伝説のネタも見ることができた

正直何度もテレビ番組で披露されるネタなので、もっと若い時代の彼らのネタを見たいという思いもあるが、やはり今見ても古くない、普遍性のある面白さだ

破天荒なイメージのダイラケだがしっかりとした技術に裏打ちされており、正統派のイメージのいとこいだがベテランになっても挑戦的なネタを披露している

漫才師にとってイメージは大切であるが、イメージを壊すようなネタに挑戦していく度胸も欠かせないものなのだろう


先人を過剰に崇めるのはよくないが、伝説と称される昔の漫才師にはそう称される理由が確実に存在しているというのがよく分かった