読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほたるや

蛍が売られてるお店のごとく、珍しくありたい

敗者復活戦のナイツ

決勝の感想の前に一つだけ

敗者復活戦は生で見たときにダイタクに投票したが、改めて見直すとダントツで面白かったのはナイツだった

なぜ面白かったのか、少し考えていきたい

 

敗者復活戦では、殆どのコンビが、M-1用の4分ネタを削って3分にしていると思われる

その場合、どうしてもボケやツッコミ、演技などの時間を削る必要性が出てきて、ネタの魅力が損なわれてしまう

チーモン、ポイズン、囲碁将棋、尼神辺りは、絶対に4分だったらもっと面白かったはずだ

その点で、ナイツは見事なまでに3分のネタなのである

内容に削った後も見当たらなけらば、これ以上増やす必要性も感じられない、ジャスト3分のネタだったのはナイツだけだと思われる

 

次にボケとツッコミの入れ替え

感想でも述べたが、僕はキャラの強い側がツッコミをやった方がネタは面白くなると思っている

「普段やらないことをやるから面白く感じられるだけ」と思う方もいるかもしれないが、キャラの強い方が攻められる意外性は、笑いに転換されるものなのだ

ナイツの塙さんがツッコむという意外性は、改めて見ると凄いものがある

 

最後に歌詞に対するツッコミ(共感)

基本、歌ネタは大会向けでないし、著作権等の問題も発生する

そのため、僕は基本歌ネタ漫才は評価しない方だが、このネタはすごく面白かった

何故なら塙さんのツッコミは、当たり前のことしか言っていない普通過ぎるツッコミだからだ

 

「チャーラチャーラチャ♪」→早く歌ってくださいよ

「東京でベコ買うだ」→ベコ買うのかよ!そういう村が嫌だから東京出てくるんじゃねーのかよ!

「あーそれ」→あーそれってなんだよ!

「たまに来るのは紙芝居」→昭和初期かよ!モンゴルかよ!

「オラの村には電気がねぇ」→電気ねーのかよ!電気ねーのにカラオケはあるのかよ!

「オラこんな村嫌だ」→俺だって嫌だよ!

 

普通過ぎるツッコミの連発なのに、塙さんがキレながらツッコむという違和感と、ツッコミへの共感が凄く面白い

はっきり言って塙さんのツッコミはド下手だが、「あんな上手いコンビなのにボケツッコミ入れ替えるとこうなるのか」という違和感も面白さに繋がっていたと思う(正確には、土屋さんはボケてはいないのだが)

土屋さんの歌をただただ復唱してるだけだったりしたのも、何故か分からんけど面白かった

 

特に「あーそれ」とか「あーどした」とか合いの手にツッコんだのは、笑ってしまった

たかじん胸いっぱいという番組でやしきたかじんさんがヒット曲の歌詞にキレるコーナーがあったのだが、吉田拓郎さんの「結婚しようよ」という曲にツッコんでいたのを思い出した

 

「僕の髪が肩まで伸びて」→気持ち悪いわ!!

という普通のツッコミに交じって

「結婚しようよ…んんん♪」んんんってなんやねん!!(バシッ)

とツッコんだのを思い出した

 

塙さんのツッコミで唯一光ったのが最後のベコ買うだに対するツッコミ

それまでは歌詞の内容に対するツッコミであったが、最後だけ意図的なのかたまたまなのか知らないが歌詞の構成に対するツッコミだった

ああいうのを違和感なく紛れ込ませるのは、何気に凄い…かもしれない

凄くないからこそ面白いのかもしれないが、それでも才能が感じられるのが凄いなぁ

 

ナイツのネタは一番良かったが、投票しなかったのは、色眼鏡で見ていたと言わざるを得ないだろう

ナイツは実績もあるし、政治力もある ナイツより他の芸人を上げたいという思いが強かったのだ

だから、1回目見たときも普通に笑ったのに、そこまで高く評価できなかった

ナイツには本当に申し訳なく思っている 本当に面白かったです!